ひし形

肺がんにも効果てきめん【免疫療法の進歩】

進歩しつつある免疫療法

診察

体本来の免疫力を復活させる

免疫療法は、広義な意味だと体内に潜むがん細胞を免疫細胞で攻撃させる療法です。治療開始時は、免疫細胞ががん細胞からストップをかけられている状態なので、がん細胞に攻撃を加えられる力を持っていません。そこで、一旦体外に取り出してから培養強化してから体内に戻し、攻撃を加える力を復活させるのです。しかも、従来のがん治療法と異なり、副作用がほとんど現れません。入院生活中でも、質の高い生活をおくりたい人にうってつけの療法であるのは確かです。

肺がんにも有効な療法

免疫療法は、一部のがん症状だけに有効と思われがちですが、臨床試験が進んだことにより、肺がんなど有効な症状が増えつつあります。ただ、免疫細胞の力を活性化させるだけでなく、ピンポイントにがん細胞を攻撃させる薬剤、免疫細胞がブレーキをかけずにがん細胞へ攻撃できる薬剤を用いているので、効果を発揮するがん症状のバリエーションが増えたのです。まだまだ、臨床試験で開発されている免疫療法薬剤があるので、今後も利用可能ながん症状の種類が増えていくのは間違いないでしょう。