ひし形

人工肛門なしで済む【直腸がんを早期発見・治療!】

がん治療や検査に関することを網羅!

日本人の死因でTOP3常連の病気であるがんは、治療方法が進歩している分、快適な治療が受けられるのは勿論、検査方法も精密になってきているので早期発見もしやすいです。以下のページでは、あらゆるがん症状に対する療法や検査方法に関することをまとめています。

知っておくべきがん検診や療法

女医

初検診前のチェック事項

症状が進行してしまったら、最悪死亡か乳房の全摘出になりかねない乳がんは、早期発見してすぐ腫瘍を取り出すべきです。女性としての自信を失わないために、乳がん検診は定期的に受けるべきでしょう。検診は、一体いくらするのか、どんな流れで検査を行うのでしょうか?

READ MORE
診察

進歩しつつある免疫療法

臨床試験によって、免疫療法は進歩を遂げていて、肺がんなど効果を発揮するがん症状が多くなっています。治癒が難しいがんだからこそ、副作用少なめで安全性の高い治療法を利用したいものです。もし、免疫を強化する療法を選ぶなら、事前にどんなことを知っておけば良いのでしょうか?

READ MORE
病院

免疫細胞の力を強化

今だからこそ、医療が進歩しているため免疫療法が3大がん治療と肩を並べているのです。どんな薬剤を用いて、免疫細胞を強化されるのでしょうか。こちらでは、免疫細胞を強化するために使用する薬剤のことについて触れています。

READ MORE

新着情報

進歩するがん治療【最新療法を網羅】

「最新がん治療イコール免疫療法」というイメージを抱いてしまいがちですが、先進的ながん治療方法や検査方法はそれ以外にもあります。死滅させるのが難しいがん細胞だからこそ、すがるべき先進的療法の特徴について知っておくべきです。こちらでは、それに関する療法や検査方法などを調べてみました。

万が一を考慮!先進的な療法でがん克服

遺伝子療法

アメリカの医療機関で、多くの成功症例が報告されているのが「遺伝子療法」です。本来、がん抑制遺伝子は人間の体内にも存在する代物ですが、食生活・生活環境などの要因でがん抑制遺伝子の力が弱まってしまいます。体内で活発に活動をするがん細胞を抑制するために、外部からがん抑制遺伝子を注入するのです。

陽子線治療

分類上、放射線治療に部類される療法ですが、がん細胞へのアプローチ方法が放射線とは異なります。粒子加速器という特殊機器を用いて水素の原子核エネルギーを高めてから体の表面近くに強いエネルギーを放出するのが治療の大まかな流れです。一見、体全体に効果を発揮するように見られますが、陽子線の場合は病巣にだけ集中して効果を発揮してくれるので、副作用の症状が少なめなのです。

オプジーボ「がん治療薬」

一般的な抗がん剤だと、病巣を攻撃して死滅させる効果が主流でしたが、オプジーボの場合は異なる効果を発揮してくれます。オプジーボは、体内の弱った免疫細胞を活性化させます。簡単に言うと、事前に免疫細胞を採取しないタイプの免疫療法のようなもの。この新薬は、特定のがん症状に治療効果が見られるそうです。

アミノインデックス検査

この検査方法の優れた点は、血液検査を受けるだけでがん症状にかかっているかを確認できるところです。従来の検査方法だと、特殊医療器具を使って臓器内部を検査していましたが、医療器具が及ばない臓器が出てきてしまう上、検査に時間がかかりやすいです。この検査方法なら、乳がん肺がんといった複数のがん症状有無を確認できるそうです。簡単かつ早期発見しやすいので、がん検査が手軽化したのは確かです。

PET検査

この検査方法の優れたところは、通常のレントゲン検査では発見が困難な小さいがん細胞まで発見できるところです。精密に検査をするPET検査なら、初期段階でがんを発見しやすいので、長期的な治療を受けずに済みやすくなります。

[PR]

検便検査を利用したい
簡単に申し込みができちゃう 初期の癌をすぐに改善
効果の高い治療方法を詳しく解説 東京で性病検査を受けて現状把握しよう!
性感染症の詳細を公開中♪

早期で済ませるために

聴診器

あらゆる条件で治癒率・治療法が変化

直腸がんにかかった場合、病期・腫瘍の拡散度合い・腸閉塞発症・全身の状態・再発率によって、最良の治療方法は勿論ですが治癒率の度合いが異なります。そのため、早期で治癒率が高いうちに治療するためには、定期的に検査を受けるのが望ましいです。最近では、血液だけでがんにかかっているかわかってしまう検査もあるので、検査に時間がかかりにくいです。

切除する方法もいろんなパターンがある

直腸がんを早期で発見した場合、比較的選ばれやすいのが切除治療です。しかし、切除は人口肛門をつけるのではと思ってしまうでしょう。そんな切除治療でも、いろんなパターンの方法があるのはご存知でしょうか。治癒率によって、利用できる療法は異なりますが、メスではなく内視鏡や腹腔鏡手術など切開範囲が少ない、あるいは肛門からアプローチをする療法もあります。直腸を温存したいなら、それらの療法を選ぶと良いでしょう。